肌を明るくするにはどうすれば良い?

肌に優しいスキンケアが大切です。
洗顔は、肌に負担を掛けないように無添加のものを使い、擦らずに泡で洗うようにします。
洗浄力の強い洗顔料は、必要な油分まで洗い流し、肌が乾燥しやすくなり、逆効果です。
洗顔後は、セラミドやコラーゲンなど保湿性の高い成分を含んだ化粧品でお手入れします。
また、健康な肌を身体の中から作るために、栄養バランスの取れた食事も大切です。
食品添加物を含んだ食品は、身体にとってもお肌にとっても好ましくありません。
酵素を含んだ食品やビタミンCの豊富な野菜などを摂りましょう。
身体が元気になれば、新陳代謝も良くなり、古い細胞は肌の表面から剥がれ落ち、白いきれいな肌が現れます。
マッサージを取り入れることも効果的です。
血行やリンパの流れを良くすることで、肌への栄養の流れを促進し、老廃物の排出も改善します。
マッサージは、首や頭を含め、顔全体をすることがポイントです。
乾燥しにくく、滑りの良いクリームやジェルで、優しく撫でるようにします。
強すぎると、毛細血管を傷つけたり、炎症を起こし、シミの原因にもなります。
そして、ストレッチや軽い運動も血行を良くしますので、健康的な肌にはおすすめです。